読んでいる本に性格は出る!男性の好きな本別恋愛傾向

読んでいる本に性格は出る!男性の好きな本別恋愛傾向

夜が長い冬は、家でひとり読書を楽しむという人も多いかもしれませんね。想像力を広げ、知的好奇心も満たしてくれる読書。どんな種類の本を好んで読むかによって感覚や志向が表れるのは、自らを振り返ってみても納得の通りです。

 

愛読書で彼の恋愛傾向が分かっちゃう!?

もしかすると、表面的な発言や行動よりも、自分の内面や深層心理が思わず出てしまっているかもしれない愛読書…。最近の婚活サービスでは学歴や趣味とともに好きな本のジャンルを書く欄があったり、大人数での読書会イベントが精神的に気の合う異性との出会いの場となっていたりするという話をよく耳にします。読書傾向を知ることは、好きな人の恋愛における“傾向と対策”を知るうえで大事なものの1つのようです。

そこで今回は周囲の読書好き男女に行った取材をもとに、特に男性の恋愛傾向が特徴的に表れやすい印象を持った本のジャンルをご紹介します!

 

1:アメリカ現代文学

世界的作家・村上春樹が日本にその魅力を伝えているアメリカ現代文学。このジャンルを好きな男性は、ライフスタイルに並々ならぬこだわりがある人が多いよう。最近注目されるようなミニマリストだったり、生活感のない状態を好む傾向があり、恋愛においては女性にも洗練された振る舞いを求めるようです。

2:日本の歴史小説

歴史好きな人は、物事の背景にあるストーリーに面白みを感じられる人。女性の話についても熱心に話を聞いてくれる傾向があるようです。ただ、日本の歴史小説を好きな人の中には、日本特有の組織の論理などにシンパシーが強い男性もいて、少し保守的な恋愛観を持っているように感じる人も。

3:意外な結末のミステリー

近年よく売れているミステリーの形態の1つに、最後にあっと驚く「どんでん返し」が待っているものがあります。ミステリーの中でもこういった本を熱心に読む人は、普段はもの静か。しかし、心の底では燃え上がるような恋愛をしたいと思っているのが垣間見えるときがあるようです。

4:ノンフィクションor人が写らないタイプの写真集

このいずれかを好んで読む人は、リアリストかつダンディズムを大事にしている人が多いみたい。まさに男性的で硬派な印象がありますから、恋愛面で接するとき女性はあえて女性らしさを前面に出した方が、お互いの個性が活きてうまくいきそう!

 

本の「感動した部分」が相手を理解するきっかけに

男性の愛読書のジャンルが自分の好みとはまったく違い、縁遠く感じてしまったという場合もあるでしょう。しかし、その男性が特にどの部分に感情を動かされたかを知ることで、その人をよく理解できて愛情が強くなるかもしれませんよ。

気になる男性が本を読んでいたら、勇気を出して「何を読んでるの?」と話しかけてみるのも一案。そこから、どこが面白かったのか聞いてみることで会話が広がったり、相手の興味を知ることができるはず。愛読書に関する話をきっかけに心の深い部分で分かり合える、とっておきのパートナーが見つかるかもしれません♪

 

※当記事の内容は効果を約束するものではありません。ご自身の責任においてご利用ください。
ライター:皆本類
読んでいる本に性格は出る!男性の好きな本別恋愛傾向

この記事が気に入ったら いいね!してね

PAGE
TOP
チュリッピー