豆乳×牛乳ドリンクで健康な心臓を手に入れよう!

豆乳×牛乳ドリンクで健康な心臓を手に入れよう!

ストレスや疲れを感じている時、ときどき心臓がズキっとすることがある人もいるはず。ごくたまに痛みが感じられる程度なら深刻になることもないといわれますが、痛みが強かったり、頻繁に起こる場合は要注意!

ストレスや疲れと聞くと胃の調子が悪くなるイメージが強いですが、実は心臓にも負担が!心臓のズキッはもしかしたらそのシグナルかも。今回は心臓がお疲れのときにおすすめのドリンクを紹介したいと思います。

 

狭心症のメカニズム

血管コレステロールが溜まり、血管が硬くなることを「動脈硬化」、動脈硬化が進み血中のカルシウムが溶け出して付着した状態を「血管の石灰化」といいます。本来、カルシウムの量はきちんとコントロールされていて、石灰化するほど血中に含まれていません。ですが、カルシウム不足になると自分の骨を溶かして補おうとするため、血中に大量のカルシウムが流れ込み、石灰化を進行させやすくしてしまうのです。

この石灰化が進むと、運動で動悸が激しくなったり、心臓に痛みを覚えたりする「狭心症」に。つまり、狭心症の予防にはまず血管が石灰化を防ぐことが大切なのです。

 

「豆乳×牛乳ドリンク」が心臓を元気にする!

心臓を含めた体の健康のためには、適度な運動やバランスのいい食事が大切。でも、好奇心旺盛で友達づきあいも多い20代・30代が、規則正しい生活だけに縛られるなんて考えただけで疲れてしまいますよね。

 

そこでお勧めしたいのが、1日1杯の「豆乳×牛乳ドリンク」。

心臓は、筋肉細胞にカルシウムが入ることによって縮み、そのカルシウムの量をマグネシウムが調節して緩みながら動いています。マグネシウムが不足した状態だとカルシウムの量が調節できず筋肉が縮んだままになり、カルシウムが不足すると逆に縮む動きができなくなる…。そんな心臓の働きをサポートしてくれるのが、このマグネシウムたっぷりの豆乳とカルシウムたっぷりの牛乳を混ぜ合わせたドリンクなのです。

 

このドリンクの作り方はとっても簡単!

12_03_01

<作り方>

牛乳:200cc

豆乳:100cc

上記の材料を混ぜるだけ!「2:1」のバランスがとても大事です。豆乳の味が苦手という人は軽く温め、コーヒーや紅茶、ココアなどを入れて飲むと飲みやすいですよ。

 

最後に

心臓病と聞くと命にかかわる大きな病気に直結している怖いイメージはあるものの、高齢の方がかかる病気や自分にはあまり関係のない病気に感じている人も多いはず。ですが、偏った食事、運動不足、強いストレス、喫煙……心臓病のリスクは私たちの生活に何食わぬ顔で潜んでいます。

女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンや食物繊維が豊富な豆乳は、女性とって美の味方!キレイも健康も欲張れる、とっても簡単な健やか習慣をぜひお試しくださいね。

 

ライター:牧野絵美
豆乳×牛乳ドリンクで健康な心臓を手に入れよう!

この記事が気に入ったら いいね!してね

PAGE
TOP
チュリッピー