吸って吐くだけじゃない!美と健康につながる「呼吸法」のすすめ

吸って吐くだけじゃない!美と健康につながる「呼吸法」のすすめ

生きるうえで欠かせないけれど、普段なかなか意識することのない「呼吸」。しかし吸って吐くという営みには、実は心とからだを元気にするパワーがあると言います。そこで今回は、私たちにとって最も身近な呼吸を使って、心身ともに健康になる方法をご紹介します。

 

呼吸を意識するだけで、心と体がイキイキと輝き出す!

教えてくださるのは、さまざまな呼吸法で美と健康を導く「ミラクル呼吸法」を提唱する、ヨガインストラクターで、シュミッツ千栄子呼吸法デザインセンター代表のシュミッツ千栄子先生。まずは、呼吸を意識して行うことでどのような効果があるのかお聞きしました。

「まず覚えてほしいのは、呼吸は体だけでなく感情とも繋がっているものだということです。怒っているときには呼吸が荒く速くなり、リラックスしているときはゆったりとした呼吸をしています。よく、『息が詰まる』、人間関係表わす『息が合う』などと息を使った言葉がありますよね。私たちはどのくらいの長さ息を止めることができるでしょうか?5分もすれば命が失われてしまいます。それほど呼吸とは、私たちが生きるために欠かせないエネルギー源なのです。呼吸を意識し、質を高めることで全細胞に酸素と生命エネルギーが行き渡ので全身が元気になります!代謝が良くなって肌がキレイになったり、イライラしにくくなって気持ちがリフレッシュしたりといった効果がありますよ」(シュミッツ千栄子先生)

あなどれない呼吸パワー!呼吸にそんなうれしい効果が期待できるなんて、これはやらない手はありませんね!

 

厳選!シュミッツ先生おすすめのミラクル呼吸法5選

それでは早速、呼吸法をご紹介。いつでもどこでもできるベーシックな呼吸法から、女性に嬉しいダイエットにおすすめのものまで5つご用意しました!Zookiesの仲間たちと一緒にやってみましょう〜♪

 

2・3呼吸法

【期待できる効果】リラックス、思考をスッキリ、嫉妬や怒りといった負の感情を捨て、心を軽やかにする

【やり方】

01①背筋を伸ばして床又は椅子に座り、1,2とゆっくりカウントしながら鼻から息を大きく吸う。カウントは時計通りでなくてOK。自分のリズムで数えましょう。

02

②1,2,3とゆっくりカウントしながら鼻から息を大きく吐く。

③[①〜②]を1セットとし、1分間を目安に繰り返し行いましょう。

【POINT】吸う息よりも、吐くほうを長く行うのがポイント。リズムは一定にし、目をつむってリラックスしながら行うとより効果的です。

 

グッナイ呼吸法

【期待できる効果】安眠効果。寝る前にベッドのなかで行うことで深い眠りを誘います。

【やり方】

①ベッドのなかで仰向けになる。

03

②鼻から息を大きく吸い、吸いきったところで息を止める。

04

③息を止めると同時に、手をグーに握り、全身に力を入れる。(忘れがちな顔やお腹もしっかり力を入れて!)

④苦しくなる手前で口から息を吐き出し、脱力する。

⑤[①〜④]を1セットとし、3回程度行いましょう。

【POINT】力を入れるとき、ベッドから足や手が浮き上がっても問題なし。全身に力を込めることに集中しましょう。一気に脱力しましょう。

 

シャイニング呼吸法

【期待できる効果】内臓を元気にする、イライラや雑念のデトックス、お腹痩せ、代謝アップ、体を温める

【やり方】

①床の上に正座する(正座し、足を反して、踵を立て、その上にお尻を乗せる)。

05


②鼻から息を大きく吸い込んだら、鼻の前にあるロウソクを鼻息で吹き消すようなイメージで「フンッ!」と鼻から息を思いっきり吐き出す。このとき、息を吐くと同時にお腹をへこませます

③吸う息は自然に行い、[②]をリズミカルに行う。

④[①〜③]を1セットとし、20回×3セットを目安に行いましょう。

【POINT】お腹をへこませることよりも、鼻から息を思いっきり吐き出すことに意識を集中させるのが上手に行うコツです。

 

足のむくみ取り呼吸法

【期待できる効果】足のむくみを緩和する、リラックス

【やり方】

06

①仰向けに寝転び、壁に対して垂直に足を上げる。(難しい人は、膝を曲げて足の裏を壁につける形でもOK)

②[①]の状態で「2・3呼吸法」を、1分間を目安に行いましょう。

 

元気が出る呼吸法

【期待できる効果】ポジティブな気持ちになる、体にエネルギーが満ち溢れる、血行促進

【やり方】

①背筋を伸ばして床または椅子にまっすぐ座り、骨盤を立てる。

07

②パーの形にした両手をまっすぐ上に伸ばす。(耳の横に腕がつくように、2、首を長く伸ばすこの2点を意識しましょう)と同時に鼻から息を吸う。

08

③脇を締めてグーの形にした両手を胸の前まで下ろす。と同時に鼻から息を吐く。

④[②〜③]を1セットとし、10回×3セットを目安に行いましょう。

【POINT】骨盤を立てるのがわかりにくい人は、お尻のお肉を両手で掴み、グイッと外側に向けるようにすると「骨盤が立つ」というイメージがわかりやすいです)

 

シュミッツ千栄子先生によると、「現代人は呼吸が浅い人が多い」そう。この記事を読んでまずは「呼吸を意識する」ことから始めて、ポジティブな毎日を送りましょう!

 

■お話を伺った人

0617

シュミッツ千栄子(しゅみっつ ちえこ)さん

ヨガスタジオ・シュミッツの森 代表/シュミッツ千栄子呼吸法デザインセンター 代表

アメリカ留学時代に瞑想と出会い、帰国後インド、欧米、アジア、他で、呼吸法を学ぶ。交通事故による大けがから奇跡的な回復をし、呼吸法と瞑想のミラクル効果を実感したことから、ヨガ・呼吸法・瞑想を伝えていくことをライフワークとする。

近年では、上智大学の保健体育研究室の2009年教育イノベーション・プログラムでミラクル呼吸法を指導し、さらに充実したヨガの呼吸法を一部に組み込み独自の「シュミッツ式完全呼吸法」を考案。

経験豊かなシュミッツ千栄子の大きく暖かいエネルギーに触れられる、アットホームなワークショップは全国各地で開催されている。

www.chiekoschmitz.com

ライター:大西マリコ
吸って吐くだけじゃない!美と健康につながる「呼吸法」のすすめ

この記事が気に入ったら いいね!してね

PAGE
TOP
チュリッピー