「付き合い方」が大切!ブルーライトのホントの話

「付き合い方」が大切!ブルーライトのホントの話

ブルーライトという言葉を耳にするようになってから数年経ちますが、みなさんはブルーライトがどんな光かご存知でしょうか?スマホやPCのLED画面や電子機器など便利な機器に使われ、「目に悪い」という印象の強いブルーライト。今回は「実際どうなの?」と気になるブルーライトのホントの話を『東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷』の井手武先生に教えてもらいました。

 

ブルーライトとは?

「ブルーライトというと、まるで最近登場した光のように思っている方も多いのですが、太陽光など光源すべてに含まれるごく自然な光のことです。寝る前の電子機器使用が眠りを妨げることなどからブルーライトの噂が独り歩きしていますが、決して『悪い光』ではありません。むしろ、人の生活リズムを整える上で、ブルーライトは大切な光。朝、目を覚ますために日光を浴びた方がよいとされていますが、それは日光に含まれるブルーライトによって脳に目覚める信号が届くからなんです(井手先生)。

 

太陽光と電子機器に含まれるブルーライトはまったく同じもの。ただ、波長が短く強い光であるブルーライトは、長時間凝視していると「目に対する刺激が強い」のも事実。スマホの普及などでその画面を凝視する時間が長くなったため、目への刺激を指摘されるようになり「ブルーライト=悪いもの」というイメージが定着したのです。

 

寝る前のブルーライトはなぜダメなの?

Young women are using a smart phone on the bed

では、よく耳にする「寝る前のブルーライトはよくない」という説の真偽は一体どうなのでしょう?

「コーヒーを飲んで眠れる人とそうでない人がいるように、『寝る前にブルーライトを見ると眠れなくなる』という説には個人差があります。ただし、科学的な数値でみると、ブルーライトを浴びたことにより睡眠を誘うホルモン(メラトニン)の分泌が減少するのは明らかです。その状態で眠れるかどうかは人によりますが、体内リズムを整えるためにはできるだけ寝る前には浴びないほうがいい光といえるでしょう」(井手先生)。

 

ブルーライトが睡眠に影響するのは、光が第三の視細胞と言われる視神経細胞節細を刺激してホルモン分泌に影響するからです。たとえ毎日7時間しっかり寝ているという人であっても、寝る前にブルーライトを浴びることによって脳は起きている状態になることも。しっかり寝ているはずなのに体の疲れが取れないと思うときは、ブルーライトが影響しているかもしれません。いわゆる時差ボケ状態なのです。眠る前の2時間はスマホなどブルーライトを発するものを見ないように意識してみるとよいでしょう。

 

電子機器はこう使う!目にやさしい液晶の見方

とはいえ、スマホなどLEDを使った電子機器はもはや生活に欠かせないもの。上手に付き合う方法はないのでしょうか?

 

「スマホなどのLEDが目に悪いと勘違いされている背景のひとつには、他の光に比べてLEDは直進性が高く、目に直接光が入りやすいためだと考えられます。ですから、たとえ腕を伸ばして少し離して見るくらいでは、その刺激はあまり変わりません。

しかし、少し斜めから見るだけで、目に入る光の量が大きく変わります。スマホやパソコンを使うときには、画面を真正面からではなく斜めから見るなど工夫するとよいでしょう。また、同じLEDであっても、映し出している映像が、暖色系か寒色系かによって目へ与える影響は違いますよ」(井手先生)

 

光障害には蓄積効果もあるため、長い時間見続けるのもNG。どうしても長時間パソコンに向かわなければならない場合は、パソコンの背景を黒くしたり、画面を暗くすると目に与える影響がやわらぐそうです。パソコンや使うソフトによっては背景を黒くしたり、白黒反転させる設定ができますので、試してみてください。実際ためしてみると、文字を目で追う時のチカチカ度が一瞬で変わるのでびっくりしますよ!

 

生活リズムを整える光のちから

光は体にとって大切なものでもあり、すべてカットすればいいというものではありません。朝は光をいっぱい浴び、夕方は光を少し遠ざけ、寝る前の2時間前からできるだけ光を見ない。そんな心がけが、目覚めと眠りのリズムを整えてくれるのです。

「ホルモンバランスや睡眠などは長期間の問題で、一度気をつけたから調子がよくなるものではありません。あまりストイックになりすぎず、パソコンの背景色を変えたり、スマホを見る角度を変えてみたり、無理せず続けられることからぜひ始めてみてください」(井手先生)

 

体の健康は毎日の積み重ねがつくっていくもの。ブルーライトカットのめがねやフィルターを利用するもよし、とりあえずスマホのナイトモードを設定してみるのもよし。楽しく健康な暮らしを考えていきたいですね。

■お話を伺った人

井手 武(いで たけし)先生

東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷 院長、南青山アイクリニック 特別研究員。円錐角膜、角膜屈折矯正手術、白内障など前眼部の治療に長年携わり、現在は地域医療へ尽力。ブルーライト研究会の世話人としても名を連ね、光が目に与える研究も行っている。

東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷ホームページ:http://tokyo2020vision.com/asagaya/

ライター:牧野絵美
「付き合い方」が大切!ブルーライトのホントの話

この記事が気に入ったら いいね!してね

PAGE
TOP
チュリッピー