食べて痩せるってホント!?森拓郎さんに聞く!痩せる食習慣レッスン

食べて痩せるってホント!?森拓郎さんに聞く!痩せる食習慣レッスン

夏はもうすぐそこ。水着の季節に向けて、本格的なダイエットに励んでいるという人も多いはず。しかし!ただ体重が落ちるだけがダイエットの成功だと思っていませんか? 実はその考え、間違っているかも。正しく健康的なダイエットで“痩せ体質”をつくりましょう♪

フィットネストレーナーの森 拓郎

今回、教えてくださるのは、フィットネストレーナーの森 拓郎さん。「食べて痩せる」ダイエットを提唱しており、著書「ダイエットは運動1割、食事9割」がベストセラーになるなど、その考え方に注目が集まっています。

 

ダイエットの間違った思い込み!今すぐやめるべき習慣TOP3

あなたが今やっているダイエット方法は正しいのでしょうか?森さんが特に多いと感じているというNGダイエットTOP3を教えていただきました。

 

NGダイエット習慣・第1位

食べ過ぎた翌日の救世主!食事の代わりにジュースクレンズ

「低カロリーなので一時的に痩せることは可能だと思いますが、栄養バランスが良いとは言えません。老廃物をデトックスできる、体がスッキリするとよく聞きますが、それは単純に食べてないからであって、ジュースをごはんとして置き換えるようなことを繰り返していくと、筋肉を落としながら痩せるので長期的に見ると逆に痩せにくさに繋がってしまいます」

 

NGダイエット習慣・第2位

「炭水化物=食べたら太る!」過剰な糖質制限

「ごはんやパン、麺といった主食となるようなものは徹底的に抜くけど、それだと満足感が得られないので、お菓子を食べたりジュースを飲んだりしているという人が多いです。お菓子やジュースにも糖質はたっぷり含まれていますし、糖質制限というのは本来、食事の中から糖質をカットする代わりに、その分必要な栄養素を増やすという食事法なんです。例えば肉を食べる量を増やすとか油の量が多いものを摂るとか。それを、ただ糖質を抜くというだけでは、単なる低カロリーと同じことなので結局はリバウンドしてしまいます」

NGダイエット習慣・第3位

野菜は正義♪食欲とお腹は野菜で満たす

「食事の最初に野菜を食べてから他のものを食べるとドカ食いを防げるとか、お米の代わりに野菜を多く食べるという人がいますが、これも栄養不足を加速させてしまっています。むしろ胃のキャパだけどんどん広がってしまいます。そうするとどれだけ食べても満足できないような体ができてしまうんです」

 

痩せたいなら食べる!代謝アップこそ美ダイエットの真の目的

NGダイエット習慣をやっていた…という人も多いのではないでしょうか?間違ったダイエットに共通するのは、栄養不足に陥る方法だということ。栄養不足とダイエットには、どんな関係があるのでしょうか?

 

「必要な栄養が足りていないと代謝が落ち、筋肉や肝臓の動きが落ちて、結果痩せにくい体をつくってしまいます。無理なカロリー制限で落ちた体重は、体脂肪だけでなく、筋肉や水分も失われるため、体重自体が劇的に落ちても、リバウンドがしやすいのです。」

 

な、なんて恐ろしい!森さんによると、「食事の摂取カロリーを下げることは間違いではないけれど、痩せやすい体をつくりたいなら脂肪を燃やすダイエットをすべき」とのこと。

そのためには食事で必要な栄養を摂取することが不可欠です。「低カロリーな食事をしているのに痩せない、リバウンドを繰り返しているという人は、まず代謝が落ちていることを疑ってほしい」と森さんは言います。

 

食べ痩せ実践! 痩せるために食べるべきおすすめ食材

「体脂肪は食事で燃やすべし!」ということがわかったところで、実際にどんなものを食べると良いのか、森さんおすすめの食材をご紹介します。

 

メインディッシュは「動物性たんぱく質」

森さんが最も意識してほしいというのが、こちら。「私たち人間は動物なので、動物性食品を食べることで、細かいことは考えなくても8割方の栄養素を摂取することができます」というように、具体的には肉や魚、卵が基本だそう。

肉や魚は1日あたり手のひら2枚分(約200g)、卵は3個程度を目安に食べることで、体脂肪を燃やしやすい体になっていくということなので、まずはここから食習慣を改めていきましょう!

ちなみに、「朝から肉魚を食べる時間がない〜!」という人は、卵かけごはんと納豆というシンプルな日本の朝ごはんがおすすめだと森さんは言います。

「大豆は植物性ですが、たんぱく質も多くて栄養価も高いのでおすすめ。肉魚卵大豆、この4つの食べ物を毎食しっかり食べることができたら、だいたい栄養バランスが整うと思って大丈夫です」。

 

間食するなら、アーモンドと卵がイチオシ!

実はこの取材後、早速たんぱく質を含んだ食事を毎食しっかり食べることを意識した筆者。すると不思議といつもつまんでいたお菓子やジュースが欲しくなくなったのです!

とはいえ昼から夜にかけては食事まで時間が空き、お腹が空くこともありますよね。そんな「間食タイムこそ必要な栄養素を補う絶好のチャンス!」と森さん。

「時間の間隔をあけておかずを食べるというイメージで、アーモンドやクルミ、ゆで卵を食べると良いですね。アーモンドやくるみは体を動かすエネルギーになるだけでなく、代謝に必要なホルモンの材料にもなります」。

 

ただカロリーを抑えてその場しのぎダイエットをするのではなく、きちんと食事をすることで長期的に痩せやすい体をつくる。ヘルシー美人への道は、食生活の改善から! これで万年ダイエッターを卒業しちゃいましょ♪

■お話を伺った方

フィットネストレーナーの森 拓郎

森拓郎(もり たくろう)さん

足元から顔までを美しくするボディワーカーとして、運動の枠だけに囚われない様々な角度からボディメイクを提案する運動指導者。2014年「運動指導者が断言!ダイエットは運動1割、食事9割 ディスカヴァー・トゥエンティワン」が15万部のベストセラーとなり、トレーニング至上主義であるフィットネス業界に一石を投じ、ダイエットは食事改善こそが最も重要であると主張している。美脚などのボディラインを重視したキメ細かいボディメイク指導に定評があり、ファッションモデルや女優などの著名人からの信頼も厚い。

ライター:大西マリコ

 

食べて痩せるってホント!?森拓郎さんに聞く!痩せる食習慣レッスン

この記事が気に入ったら いいね!してね

PAGE
TOP
チュリッピー